メンズ

マンション管理会社を解約する際はコツが必要

契約時に忘れずチェックを

マンション

中途解約条項を確認しよう

マンション投資でオーナーのパートナーとなるのが、客付けや入居者への対応、維持管理をサポートするマンション管理会社です。どのマンション管理会社を選ぶかで、投資成功の可否は決まると言っても過言ではありません。そのため、マンション管理会社と契約する際には、入居率や滞納率を徹底的に比較することが重要です。しかし、もう1つ確認しなければならないポイントがあります。それが中途解約条項です。長期間にわたるマンション投資をするのなら、将来の突発的な出来事にも柔軟に対応できるようにしておかなければなりません。入居率が芳しくない場合や滞納率が高い場合には、マンション管理会社の変更を決断する必要が出てきます。また、売却する際には、買主のマンション管理会社に変更する必要もあります。ここで重要となるのが、解約違約金が発生するかどうかです。マンション管理会社の中には、物件の所有権を無視するような中途解約条項を定めているところもあります。解約違約金どころか損害賠償金を支払うことを定めている場合もあり、中途解約時に莫大な損失を抱えかねません。信頼できるマンション管理会社と契約するために、丁寧に解約条件や解約方法を説明するかを確認すべきです。また、不安がある場合には、弁護士や行政書士、司法書士に相談し、契約書を確認してもらうことも重要です。オーナーとマンション管理会社が固く信頼で結ばれてこそ、マンション投資は成功します。少しでも疑念を持つマンション管理会社をパートナーとしないよう、最初の契約時が肝心です。

代わって運用してもらう

男性

airbnbを利用して民泊をはじめようとした場合には、その仕組みやリスクを理解しておく必要があります。特に外国人の利用者が多いairbnbでは、ホスト側にも相応の対応能力が必要です。これらの業務をすべて代行してくれる業者もあり、代行業者を利用して民泊を行うのも選択肢のひとつです。

空室期間を短くする工夫

模型

賃貸住宅による不動産投資には空室リスクも付きものですが、賃貸保証会社の入居者審査を短くすれば空室期間を短縮できます。賃貸保証会社の側では入居者の事前審査を実施しており、その所要時間はケースバイケースです。賃貸保証会社の選び方によっても審査時間を短縮は可能で、書類だけで審査している業者の方が有利です。

空室解消につながります

ウーマン

賃貸管理について優秀な不動産会社を選べば、早期の空室解消も夢ではありません。対象物件の写真の撮り方や退去後のクリーニングや内装工事のスピード、入居者募集時のネットワークの活用などを確認しておきましょう。