つみき

マンション管理会社を解約する際はコツが必要

空室期間を短くする工夫

模型

早期の入居を実現

賃貸物件の中でもアパートや賃貸マンションは限られた土地を有効活用して多額の家賃収入が得られるため、不動産投資の対象としては最も効率的です。そこで家賃滞納が発生するとその分だけ収入が減ってしまいますが、最近では賃貸保証会社を利用することによって滞納リスクを回避する動きが広がっています。同じく空室が発生しても家賃収入の減少を招いてしまうことから、次の入居者を早く決めるために審査時間を短縮させる工夫も必要です。賃貸保証会社は家賃滞納が発生した場合の代位弁済を行っており、滞納された家賃は賃貸保証会社側で回収される仕組みとなっています。そのため賃貸保証会社でも事前審査を実施し、滞納リスクが低いと判断される入居希望者のみを審査に通しています。審査にかかる所要時間は賃貸保証会社によって異なり、入居申込書と本人確認書類の書類審査だけで審査している保証会社ほど結果が早く出るものです。審査時に入居希望者と電話で確実に連絡が取れることを確認する他、信販系の保証会社では個人信用情報に照会した上で入念な審査を実施しています。審査される項目には入居希望者の職業や収入などを通じて判断される支払い能力の他、社会的信頼性や人柄といった点を見る場合もあります。審査時間は早ければ30分程度で済みますが、過去に滞納歴があるかどうかを調べるのに数日を費やす例も少なくありません。基本的に書類審査だけで判断している賃貸保証会社は全般に審査時間も短い傾向がありますので、空室期間を少しでも短縮したい場合はそのような保証会社を選ぶといいでしょう。もちろん賃貸保証会社の審査時間は入居希望者の状況によっても左右されますので、審査時間が長引いた末に不通過となってしまう例も出てきます。入居申込書の記載漏れがないよう徹底させるようにした上で、書類審査のみの賃貸保証会社を利用するのが最も審査時間を短縮できる方法なのです。